レ ザンの馴致・調教・騎乗
 2009年11月 7日、レザンにハミ付け馴致をする。まずはハミの違和感を無くすため、口に銜えさせたまましばらく時間を置く。願わくば馬のほうから積極的にハミを銜える ようにするため、根気よく進めていかねば。
 2010年2月よ り、mikuさんの提案によって調馬索を始める。5月末までの4ヶ月間、mikuさんが根気良く続け、掛け声で3種歩様も出せるようになり、初騎乗に向け て少しずつ調教を進めていく。この調馬索は同時に人と馬との信頼関係、そして主従関係を築くのに有効であり、わがままなレザンも変わったように思う。
 2010年6月10日、初めての鞍付 け。多少は驚くかなと思っていたけど、全く抵抗無く受け入れてくれて、すんなりと鞍付け、馬装が出来てしまった。あまりに余裕があったので、そのまま初騎 乗も。初めて人を背にのせたにも関わらず、今まで何度もそうしてきたかのような落ち着きよう。ここまでわずか15分で終わってしまった。我が家で生まれて からずっと人に接し、信頼関係と上下関係が築けていればこそで、まさに感無量。その後、何回か乗るうちにちゃんと扶助も理解し、安心して乗れるレベルに。 頭も良く常に冷静で、体格も小さいため、障害者乗馬にも使えそうなくらい。今後の成長ますます楽しみだ。
| トップ | プロフィール | 馬の杜 | エッセイ | 日記 | レシピ | 掲示板 | メール | リンク |