奥 尻島への移住と葡萄栽培
 2008 年4月1〜3日、奥尻島に渡って引越しの荷物を新居に搬入。その後は実家への帰省も兼ねて、日本の離島を巡ってみたいと思い、最西端の与那国島、最南端の 波照間島、秘境ともいえるトカラ列島の中ノ島、鉄砲伝来とロケット基地の種子島、朝鮮文化の入り混じる対馬、歴史あるキリスト文化の根付く五島列島中通 島、馬の楽園でもある隠岐の知夫里島と西ノ島、そして故郷愛媛の島々などを徒歩野営でめぐる旅をした。そして5月22日、奥尻島へ戻ってきて新たな生活が スタート!
 6月からの正式雇 用となり、予定通り葡萄栽培に携わる。20ヘクタールもの畑にて、芽欠き、誘引、番線張り、除草、防除、肥料撒きなど忙しく働く。ワイン工場のほうも、秋 の完成・稼動に向け、急ピッチで建設が進んでいた。
 新たな生活が始ま り、肉体的にも精神的にも疲れる日々。そんな中でも奥尻島の美しい自然環境には本当に癒され、余暇とあれば、馬を見に行ったり、海で泳いだり、キャンプを したりして過ごした。馬のいる島の風景は隠岐に似ているところがあり、素晴らしいものだ。
| トップ | プロフィール | 馬の杜 | エッセイ | 日記 | レシピ | 掲示板 | メール | リンク |