愛馬を連れて十勝・上士幌へ新規就農!
 奥尻島から引き揚げてきて中標津に戻ってきた後、新設されるチーズ工房で働き始める。ワインに続いてチーズ造りに携わるのは、元々醸造や発酵といった分野が好きだからこそ。ただ、ひょんな縁で十勝管内の上士幌町へ、酪農と葡萄栽培で新規就農する機会を得たのだった。
↑2011年4月27日、中標津のログハウスから上士幌の離農跡地の住宅へ引越し。そして続いて4月29日に愛馬を輸送。

→荒れた庭や畑を少しずつ整備し始め、牛舎の前の庭をおこして畝を立て、マルチを張ってラベンダー「おかむらさき」を100株定植。

↓池田町ブドウ・ブドウ酒研究所からワイン用葡萄品種「清舞」と「山幸」の苗木、それぞれ50本ずつを払い下げしてもらう。
 住宅も牛舎も、そして敷地内も、ゴミの 山。片付けたり、改修したり、実際に営農を開始するにあたってやらなければならないことは山積み。少しでも環境を整備していきたいと思う。葡萄栽培からワ イナリー設立へ、酪農からチーズ工房設立へと、加工まで手がけられたらと思うし、今まで無償で受け入れてきたホームステイも、徒歩宿のような形態に移行で きたら良いなと思う。頑張ろう。
| トップ | プロフィール | 馬の杜 | エッセイ | 日記 | レシピ | 掲示板 | メール | リンク |